ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして あらすじ

 

小学生の頃からずっと

父親から

虐待・監禁されていた1人の少女。

 

精神が崩壊する寸前で家から逃走。

 

行く当てもないのに、
ひたすら走るのでした。

 

外は雪が降る寒い夜。

 

裸足のせいで足は冷たく、

数年間も監禁されていたせいで

筋肉は衰えていたのです。

 

一歩も歩くことが出来なくなり、
道端で倒れ込んでいると、

 

「大丈夫?」

 

と男に声をかけられるのです。

 

 

父親から虐待されてきたせいで

男=敵

と思い込んでる少女。

 

差し伸ばしてきた手を振り払い、

再び走り出すのです。

 

でも、

もう体力なんて残っていなかった少女は、

その場で気絶してしまうのです。

 

「何か事情があるはずだ」

 

尋常じゃない少女の言葉と雰囲気を見て

少女を家に連れ帰った男。

 

温かい布団に寝かせ、

作り立ての食事を食べさせてあげるのです。

 

「私を拾った理由って」

 

「私とセ〇クスする為なんでしょ?」

 

父親から性的虐待を受けていた少女は

人間の優しさを知らず、

 

親切にしてくる人間には必ずウラがある。

 

と思い込んでるのです。

 

「わかりました。」

 

「じゃあ出してください」

 

少女は食事のお礼に

男のチ〇ポを握り、

慣れた手つきで手コキをしてくるのです。

 

勃起したチ〇ポを口に咥え、

フ〇ラをしてくるのです。

 

「そんなつもりないって!」

 

少女が差し出す性的な奉仕を

断ろうとしても、

 

「好きにしてください」

 

と言って
セ〇クスをさせてくるのです。

 

「家に帰りたくないし、警察にも行きたくない」

 

という少女を

自分の家で保護する事にした男。

 

2人の不思議な共同生活が始まっていく!